こんな人物がパーソナルトレーナーに向いている

パーソナルトレーナーはアスリートをサポートする仕事です。

裏方に徹する仕事ですから、それによってやりがいを感じられるかどうかできまります。

今回のテーマは【こんな人物がパーソナルトレーナーに向いていることのまとめ】です。

◆スポーツが好きな人。

パーソナルトレーナーは自分の体をチェックするのではありません。

他人の体をチェックすることで、その人に最高のプレイをしてもらったりパフォーマンスを発揮してもらったりすることを目的とします。

ちょっとしたミスがあれば、アスリートに怪我をさせてしまうこともあります。

最悪、選手生命を絶ってしまうこともあります。

そんな繊細な仕事をするには、モチベーションをどれだけ維持するかです。

それは根っからのスポーツが好きな人でしか勤まりません。

◆コミュニケーション能力が長けている人。

トレーニングジムによっては研修期間を無期限としているところもあります。

【参考】パーソナルトレーニング・パーソナルトレーナーなら24/7ワークアウト

無期限となるほど何が求められているのかと言えば、それはコミュニケーション能力です。

パーソナルトレーナーという職業は人を相手としていますから、知識と共にコミュニケーション能力も求められるのです。

他人のトレーニングを指導するには体調・表情・会話の中身を見極めなければなりません。

しっかりとコミュニケーションがとれないとアスリートから信頼を得ることもできないです。

スランプのときは励ましてあげることも必要です。

相手が苦しんでいるときこそ、パーソナルトレーナーの腕の見せ所です。

自分が持っているパーソナルトレーナーのノウハウを伝えるためにもコミュニケーションスキルはとても大事です。

日頃から磨いておきたいです。

アスリートがパーソナルトレーニングをしても効果がすぐにでるとは限りません。

じっくりと取り込んでくれるパーソナルトレーナーは選手からの信頼も厚いです。