パーソナルトレーナーの必要な3つの適正

パーソナルトレーナーになりたいと思っていても、その人が向いているかどうかがあるでしょう。

今回は【パーソナルトレーナーの必要な3つの適正】についてお話します。

◆1番目は、思いやりがあるかどうか

スポーツをする人は、どちらかと言うと自分が活躍したいタイプが多いでしょう。

ですがパーソナルトレーナーは裏方です。

自分が目立たないと満足しない人は向いていません。

求人数はけっして多い仕事ではありません。

自分の適性をしっかりと考えるようにしましょう。

◆2番目は、スポーツ経験があること

パーソナルトレーナーは裏方ではありますが、現役のアスリートと接します。

専門のパーソナルトレーナーを付けるほどのレベルの人につくわけです。

そのスポーツのことを知らないと不都合もあるでしょう。

理想的にはいろいろなスポーツ経験をしているほうがいいです。

自分の経験を活かせるからです。

◆3番目は、客観的に物事を見られるかどうか

アスリートやプレイヤーのコンディション管理をまかされるのです。

プロのパーソナルトレーナーですから、常に客観的な視点でチェックできるかどうかが大事です。

その状態で、どこまで負荷をかけてトレーニングしてもいいのかは専門的な知識もいるでしょう。

冷静な目で見ながら的確なアドバイスができること。

それがパーソナルトレーナーの資質になります。

注目記事!≫岡崎慎司、30歳にして能力は発展途上 パーソナルトレーナーが語る現在の状態

◆いかがでしたでしょうか?

パーソナルトレーナーの必要な3つの適正をまとめましたので、パーソナルトレーナーを目指しているならば自分に向いているかどうかを判断してみてはどうでしょうか?